2017.07.14/15

仕事はほぼ遅番で入る事の多いわたしだけど、地元に帰る時は決まって早番にしてもらっている。仕事終わりすぐに地元に帰る。だいたい週末はイベントがやっているのでクラブ遊び。わたしの周りにはいくつになっても音楽で楽しめる大人がたくさんいる。そんなみんなが大好き。何時間もかけてクラブに遊びに行くより自宅から自転車で10分の距離にあるクラブに遊びに行けるのが地元に戻る理由の一つでもある。彼氏と付き合ってそんなに長くはないけれど、何故か周りには付き合って4年くらいのベテランカップルみたいな扱いを受けているような気がする。(ベテランカップルってなんだ?)多分、お互いの事を何年も知っている人たちだからなんだろうけど。だから何故か周りが固まっている。年齢も年齢だから最後の恋人みたいな雰囲気。とても居心地がいい。ぬるま湯みたいな生活ともまた違うんだけど。お互いの事を昔から知っていたのに、知っていたのは人物だけでその人の中身にまで興味を持っていなくて全く別の道を歩いていた2人だからお互い手探りだ。「こうされると嫌なんだな」とか「あれが好きなんだ」とか、花火のような恋愛じゃないからじっくりお互いを認識できるいい距離感。やっぱりわたしはこの人でよかったって思える。2人を知っているある人物に「幸せになってね。幸せにしてね。」って言われた、わたしは「幸せになれるかは分からないけど、幸せにはするね。」と言った。

距離が離れていると、お互いの大切さが引き伸ばされて分からなくなってしまう。会うと再確認できる、遠距離恋愛のいいところでも悪いところでもある。

クラブ。午前3時すぎ。知らない女がいつまでも残っている。わたしの目の前で彼氏の連絡先を聞く知らない女。スピーカーから聞こえる重低音が、わたしの心臓の鼓動か分からなくなる。

広告を非表示にする

2017.07.14

人生ではじめて首を絞められながらセックスしたと思ったら高校生の頃に経験済みでした。

広告を非表示にする

2017.07.13

4日目にして彼氏から連絡がきた。絶対に覚えているくせに「週末の予定は?」もっと他に言うことないのかよ。気に掛けてくれたのは嬉しかったので許そう。

わたしは時々好きな人がいても本当に好きなのか分からなくなる。もしかして誰のことも好きじゃないんじゃないかって不安になる。その位がもしかしてちょうど良かったりするのかもしれない。今の彼氏を大切にしたい、傷付けない為には嘘もつく。自分が平気でいられる為には手段は選ばない。

本当にそれでいいのだろうか。

広告を非表示にする

2017.07.12

それにしてもわたしは完全に行き遅れた女だ。元彼と別れた事でわたしの婚期はかなり遠ざかったのは言うまでもない。いや、別れて正解だったんだけど。今の彼氏とわたしは今後どうなるのか全く見当もつかない。何が何でもこの人と結婚したい。なぜならば「楽チン」だからだ。お互いが同じ場所にいても、お互いが好きなことを出来る。干渉しあわない仲だ。多少はお互いのことを気にはしているけど、口には出さない。もう大人なんだし。なるべく彼の機嫌を損ねないように、なるべく彼にとって都合の良い女になるのだ。結婚してもきっとこの関係は変わらないと思う、それが2人にとって1番の得策なのだから。彼は所謂「結婚できない男」だ。メンヘラを育てるタイプだし、人としてかなり面倒臭い。すべて彼の気分次第、それに準ずるわたし。「言う事きく大人しい女だ。」と思わせておいて、わたしは君をこちらにおびき寄せているだけなのだよ。

性格の悪い女だ、まったく。

広告を非表示にする

2017.07.11

付き合ってから毎日連絡を取っていた彼氏と2日連絡を取っていない。「毎日連絡取っているの?」と言われるだろうが、まあ遠距離恋愛なので。わたしも彼もいまの恋愛に依存している訳では無いので毎日連絡を取らなくても平気だ。なんとなくお互いが必要としていると思い毎日連絡を取っていたのだが、そんな事ない事をこの間の喧嘩でお互いが認知したのだ。

彼は気分屋で、連絡を取っているだけなのに気分のムラがすごい。「私を怒らせたいのか?」なんて思ってしまう程腹の立つ文章を送ってきたりなんかする。だから連絡を取らない日も必要なのだ。どれだけ自分に余裕が無くても一対一のやり取りなんだから、おもいやりが大事だよ。

そんなこんなで平和な時間を過ごしていたら前に好きだった年下の子からたった今「最近なにしていますか?」なんて連絡がきた。なにこの漫画みたいなシチュエーション、やめてよね。実をいうと昼間シャワーを浴びている時にこの子の事を思い出して「久しぶりに会いたいな〜」なんて思って連絡しちゃおうかと思ったけど、彼氏もいるし会ったら絶対ダメだ(色んな意味で)と思いやめたのだ。やめたのに。「昼間君に連絡をしようとしてやめたりしていたよ」と返信した。

わたしには「前に好きだった人」が多すぎる。もはや「前に好きだった人ATM」だ。その類の話しならどんどん引き出せる。

その年下の彼はどこからどうみても量産型バンドマン。マッシュヘアで身体は細くて、白くて、耳にはピアスホールを拡張した大きな穴が空いていて、黒い服がよく似合うワンちゃんみたいな男の子。凄くかわいいんだよね。見かけによらず嫉妬深くて依存気質で、まさに女をダメにする男の子。こういう子と一緒にいるとわたしまでも依存気質になって、ただのメンヘラ女になっていた。

そんな事よりdocomoのCMの高橋一生ヤバくない?

広告を非表示にする

2017.07.10

わたしの両親は離婚している。いつだったかも覚えていない位遠くの昔に。わたしは母親に引き取られた。子供の頃は父親がなんとなく怖くて、母が「ママとパパとどっちと暮らしたい?」って言われてすかさず「ママ」って言ったのを覚えている。(パパごめんね)だけど「苗字はどっちがいい?」って言われた時に何故か父親の苗字を選んで今も苗字は父親と一緒だ。わたしは自分と同じ苗字の人に会ったことがない、有名人や漫画のキャラクターとかにはよくいるんだけれど。それになかなかかっこいい苗字なので気に入っている。今の彼氏と結婚したらあんまりかっこよくない苗字になるのは寂しい。

うちの家族は親戚一同、不思議。そして女が強い。そしてほぼデキ婚。それから離婚している人が多数。わたしは家族たちを反面教師にしているので気が済むまでじっくり恋愛してから、「こいつの子供なら産んで育てられる」という人と結婚したい。離婚しないために。わたしが離婚するとしたら、原因はほぼ確定している。わたしの浮気癖に違いない。なにやら浮気癖は体内に分泌されるホルモンが原因らしく治らないらしい。あんまりだと思う。

わたしには弟がいる。小さい頃から喧嘩ばかり。だから大人になった今は、顔を合わせるとお互い何故か小っ恥ずかしい。弟は昔からわたしに従順でお願い事は全部聞いてくれる。お願い事というより命令なんだけど。今ではわたしより先に結婚しているし、子供も2人いるしで完敗である。弟の方が人生の先輩なのはお姉ちゃんからしたら腹立たしいので、はやくわたしも結婚したい。(いや、まだいいかな)

話は戻るけど、小学生の頃は両親が離婚していることがとてもコンプレックスだった。クラスのみんなには家に帰ったらちゃんとママもパパもいるのに、わたしはパパはいないしママは遅くまで仕事で帰ったら弟しかいない。こんなに悲しいことはない。今となっては周りの友達の両親も離婚している人が多くなったし、へっちゃらなんだけどでもたまに両親のいる友達がいると「どんな生活なんだろう」って羨ましくなる時もある。でも前に好きだった人にその話をしたら、「俺が学生だった頃は、周りの友達の両親みんな離婚していて逆に俺が両親揃ってるからいじられていたよ」って笑いながら言われたのがすごく面白かった。その好きだった人、わたしたちが付き合わなかった理由は「波長は合うし一緒にいたら楽しいけど感覚が違うから」言われた時は「は?」だったけど、いま思えばその通りだと思う。今も相変わらず人として大好きなんだけどね。

広告を非表示にする

2017.07.09

今日は映画のはなし。

映画は好きなんだけれど別に詳しくはないし観ている本数も多いわけではない、それに何かをしながら観ることが多くて内容が頭に入っていないこともしばしば。

「一番好きな映画は?」

割りと頭を悩ませる質問だ。「好きな監督はだれ?」の方が答えやすい。マニアックな監督は分からないんだけれど、やっぱり三木聡堤幸彦が好き。何なんだろう、あの独特な世界観。感心してしまうほどの世界観。

三木聡の映画の中でも「インスタント沼」は最高に好き。高校生の頃に観たのが最初で、それ以来何度も繰り返し観ている。この映画が好きって話を昔好きだった人にしたらボロクソ言われた。邦画が苦手なのと、こういうダメな女が好きそうな映画が嫌いって言われて凹んだ覚えがある。

そんな彼の好きな映画はティムバートンの「BIGFISH」。

f:id:hakuchumubaby:20170709024645j:plain

サイコな彼がこんなファンタジー映画が好きだったなんて意外だった。しかもDVDを持っていたので、一緒に横になってプロジェクターで観たのを覚えている。映画の内容は薄らとしか覚えていないんだけれど。

洋画ならソフィアコッポラ。初めて買った映画のDVDがソフィアコッポラの「マリー・アントワネット」。あの胃もたれしそうな世界観が大好き、内容はセックスが中心のよく分からない映画。ウェスアンダーソンの「グランド・ブダペスト・ホテル」も好き。ファンタジーとミステリー、それがうまく合わさったいい映画。

恋人と映画の趣味が合う合わないってわたしにとって結構大事だったんだけれど、1人で映画を観に行くようになってからどうでもよくなった。そういえばこの間彼氏に「映画でも観に行く?」と誘ったら映画館のスケジュールを見ながら「うーん、どれも面白くなさそう。」内心、『面白い、面白くない、じゃないんだよ。』って思いながら「そうだね〜。」って答えると、「夏は観たいやつあるんだけど。」って言うから聞いてみたら「銀魂」だってさ。君のそういうところがわりかし好きだよ。

広告を非表示にする