2017.07.16

わたしは恋愛してきた人たちの事を恨んだりはしていない、いちばん最初の彼もその次に付き合った彼もわたしが振っているので恨まれている事はあるかもしれないけれど。

最後の元彼と別れてから5人の人をわずか1年半の中で好きになったりそうでなくなったりした。恋愛は本当にスピード。すぐ好きになって、すぐそうでなくなる。もちろん、相手からの愛があれば別だけれど。

今回はその中でも2人目の人のはなし。

彼のことは本当に大好きだった。向こうもわたしのことが大好きだった。でも付き合ってはいなかった。セフレかと言われたらそういうのじゃなかったんだよな、いま思えば。セックスなんかは数える程しかしていない。デートもよくしたし、旅行にも行った。周りの人もほとんどわたし達の事を知っていたし。彼はバンドマン。サイコな人。酔っ払うと人が変わる、常に変な人ではあるんだけど、女の子の頭に水をぶっかけちゃったりする。

そして常にわたしに厳しかった。それでも愛はあった、いつでもわたしの事を気にしていてくれたり、わたしには酔っ払ってもすごく優しかったし、渋谷の大きなライブハウスでやったライブを見に行った時ステージのうえからわたしの事キョロキョロして探して見つけてくるし、県外でのライブとかMV撮影の時はお土産に変なもの買ってきてくれたり。そういうところが凄く凄く愛おしかった。

半年ほど曖昧で儚い関係が続いたある日、「距離置こう」と言われた。恋人でもないのに。わたしには「僕たちは距離が近すぎた」といまの関係に対してのケチを付け半ば無理やりに付き合ってもいないけど別れたのだ。蓋を開けてみたら簡単な話だった。元カノが家に転がり込んできたらしい。バンドメンバーから聞いた話だ。凄く嫌な気分になった、それでも彼のことは恨まなかった。たまに連絡がきた。「ライブ来て」とか、いつもの様に変な画像のみを送ってきたり。でもやっぱりいつもより会話を続けてくれない。

その元カノはもうその彼の家を出ていった。らしい。正確には追い出したらしい、彼の日常がその元カノによって乱され制作に支障をきたしたらしくバンドメンバーから強く非難され追い出したらしい。ざまあない。そういえば彼の元バンドメンバーが「なんであの人と一緒にいるの?ゆめちゃんの方が絶対良かったでしょ。」って聞いたことがあったらしく、その時「俺もそう思うよ、あの子は本当にいい子だったし彼女にするならあの子がいい。」って言ったらしく、「もうやめてください」って泣きそうになった。そういうところ本当にズルイ。

その彼とこの間約1年ぶりに2人で飲みに行った。よく2人で待ち合わせの場所に使っていた駅前で待ち合わせ、彼の笑顔を見た時に「あ〜わたしはこの笑顔が大好きなんだよな〜」と思いつついつも行っていた居酒屋の別の店舗に行く。その時わたしはひどく風邪をひいていて咳き込んでいた、久しぶりにも関わらず彼はいつもの如く心配して無理やりに薬を飲ませてくる。「アメリカのラッパーがトブ時に飲む咳止めだよ」って。彼はいつでもわたしの好きな笑顔を見せてくれるし、いつでもわたしの欲しい会話をして飽きさせない。わたしはこの人が本当に好きだった。

1年かかってやっと前のように連絡が取れるようになった。いつもみたいに、「受注会でこの服のベージュをオーダーしたよ」「黒の方が可愛い」ってケチをつけてくるところも変わっていない。そんな君が本当に好きだった。

広告を非表示にする