2017.07.15

今日は彼氏と喧嘩をした。正確に言えば話し合いだ。気分のオンオフがある彼、今日はそのオフの日だったらしい。そんなこと知ったこっちゃないし、「久しぶりに会えたのだからもっと気を使えよ」と思ったものの我慢した。わたしの実家に一緒に行こうと思っていたけど彼は「え〜行きたくない」人の実家に行くのは気が引けるらしい。わたしは元彼の家に行くより連れてくるタイプだったからそんな事気にもとめていなかったのに、「常識的に考えて実家だし、ご家族にも迷惑かけるし普通に行きたくないでしょ。みんなそうだよ普通。」ってまるでわたしが異常みたいな口ぶり。「じゃあどこ行く?」「ん〜別に行く場所もないしな〜」(また始まった)わたしは黙る、ずっと黙る。「じゃあ家行くでいい?」観念したかのように彼がそう言ってきた、わたしは「いや、家帰っていいよ」って気を使ったつもりだけど返事は「う〜ん」(なんなんだよ)、結局「帰るって言ったら怒る?」「怒んないよ」彼は帰った。心底寂しかったし悲しかった、今日まだ彼の笑顔すら見ていない。寂しい関係。なんだこれ。様々な負の感情が襲ってきた、必死で泣くのを我慢して玄関のドアを開ける。目の前にはお正月ぶりに会ったのが最後の母親の妹、叔母がいた。アラフォーだけど、見た目も言動も若いし最近では恋バナも良くするし叔母というよりは姉のような関係だ。彼氏に対しての感情が一気に襲ってきて叔母と久しぶりの再会でハグをした後ボロボロ涙が溢れてきた。わたしが泣くなんて、いや家族が泣くなんて滅多にない状況で「どうしたの!?」そりゃそうだ。わたしの泣いてるところを見て一緒にいたまだ2歳の従兄弟も久しぶりにわたしに会えて嬉しそうだけど少し困惑、おばあちゃん達も心配そうにしている。とにかく家にある事務所を指さして叔母に合図を送る。お互い煙草だけを持って事件の概要を話す。

「心変わりがないなら別れる必要はないよ」ホッとした。わたしは別れたくはなかったけど、どうしたらいいのか分からなかったから周りから押されたら別れていたかもしれない。彼氏から謝罪の連絡がくる。「今謝るくらいなら一緒にいる時にもっとあるだろ!こうさ!」わたしは憤りを感じながら叔母から「ちゃんと気にかけてくれるんだからいいじゃない、そういう事もできない人いるんだから」と宥められる。 母にも概要を話すと「別れちゃえば?」開いた口が塞がらなかった。本当にこの人達は姉妹なのか?という位に真逆である。2人とも男にはモテるし、2人とも離婚していて恋愛は自由なのだが常に彼氏がいる。母は俗に言う「サバサバ系」叔母は「我が儘なTHE女」という感じだ。母は自分の人生は自分で決めろというタイプなので、わたしがした事であれば間違いではないでしょう、と好きにさせてくれる人だ。でも「彼氏のことが好きならちゃんと嫌だった事を一つ一つ話して解決しなさい」と当たり前だけどわたしに出来なかったアドバイスを貰ったので実践してみた。

今までは喧嘩すると泣いたり喚いたりメンヘラ女の如く自分の主張ばかりを言って仲直りしていたのだが、いまの彼氏にはそんな事しない。私が思ったこと、じゃあこれからどうする?、何がいけないのかな、とかまるでディスカッションのような喧嘩だった。一時お互い相手を傷付けそうになるけど胸をなで下ろして落ち着いて会話をする。今日のディスカッションで得られた解決策は「オフの時はちゃんと自己申告する」だ。もう別れたらいいんじゃないか?なんて思ったりもしたけど、やっぱりそれは寂しい。期待はしないけど、仲良くしようねって傍から見たらとても寂しい関係だけど、お互いがそれでいいならそういうスタイルでもいいんじゃないかって言うのが2人の見解だった。 その後は今日はじめての我が儘を言ってアイスを買ってもらった。 「ストレス解消!」って言ってわたしは腕を広げる、2回ほどはぐらかされたけど強く抱き締めてくれた。頭をポンポンとされた後に向こうからキス。(もっと普段からこうしろよ)と思いつつわたしからもキスをする。今度の帰省は「たまにはエッチしよ」とホテル泊を催促する、彼は満更でもない笑顔で「いいよ」だってさ。
広告を非表示にする