2017.10.25

本当に信じられる友達は三人しかいない、わたしはこの先人生において何を得られるのだろうか、はたまたこの二十と数年あまりで何を得られたのだろうか
まずはじめにわたしがこの人生で得られて一番良かったものはわたしの家族だ、思春期の頃は「どうして家は母子家庭なのか?」「どうしてママとパパは仲が悪いのだろうか?」「どうしてママは弟を私よりも心配するのだろうか?」「どうして誕生日もクリスマスも年末年始もママとパパと一緒に過ごせないのだろうか?」などと家族に対するコンプレックスが沢山あった。母子家庭なので、もちろん母親は仕事ばかりで殆ど家にいない。両親よりも祖父母と過ごした時間の方が長いのではないか、とも思う。いや、長かった。それでも寂しいと感じた事は一度も無かった。その分、祖父母が愛情を注いでくれた。両親からの愛情を肌で感じる事が出来なくても寂しささえは埋められたのだ。しかし、わたしが欲しかったものはもちろん両親からの目に見える愛情だ。大人になった今でも、目に見えて肌で感じることのできる愛情しか信じることができない。寂しい大人になってしまった。だけど大人になった今、両親からの愛情に気が付くこともできた。ああ、わたしは生まれてきて良かったんだなあ、と。ちゃんと気が付かせてくれた両親。女手一つでわたしと弟を育ててくれたママ。わたしは「お母さん」だなんて一生呼べない。恥ずかしいし、あの人には似合わない。死ぬまで一生女として生きていくんだろうな、と思う唯一の人。自分でも「母親らしいことしてあげられなかった、」なんてこぼしていた。そんな事ないけどね。わたしは私立高校に通わせてもらっていた、学費をみたらきっと公立に行って大学に通わせるのと同じくらいお金がかかるはずだ。(母子家庭だったからそんなことも無いかもしれないけれど)きっと、わたしにはできない。わたしの知らないところで沢山苦労して、努力してきてくれた。わたしには到底かなわない人だな、と思う。ママはわたしが唯一尊敬しているひと。そんなママも最近再婚した。もう何年もお付き合いしているパティシエの優しいひと。毎年わたしに誕生日ケーキを作ってくれる。(作らせている)是非ともママには幸せになってほしいし、旦那さんには幸せにしてあげてほしい。(旦那さん、初婚なのにママがいれば子供はいらないって言っているらしくてマジやばいってなった)
パパ。わたしのことが大好きなパパ。メールアドレスにわたしの名前だけを入れているのを知って、弟に「ざまあみろ」って思ったのを覚えている。今では申し訳ないけれど。パパを思うと心配でしかない。パパはわたしが小学生の頃に一度再婚している。小学生ながらにぶちギレた事を鮮明に覚えている。幼いながらも、わたしにママは二人もいらないし、ママ以外にわたしのママにはならせないって思っていた。弟とも悪口を言った。そいつがまた悪女で、親戚一同大バッシング。絵に書いたようなクソ女で、パパや親戚の権力のあるひとにはいい顔してわたし達や従兄弟達には感じも悪いし口も悪い。数ヶ月で離婚した。パパは大馬鹿者だ。今でも再婚をしていないし、彼女がいるのかも知らない。流石に老後が心配なのでどうにかして欲しいけれど、今のところ無理に近い。心配だ。そんなパパ、今の時代はパパもスマートフォン。LINEももちろん使っている、LINEのホーム画像はわたしの職場の外装だ。どんだけわたしのことが大好きなんだ。
弟も昔に比べたらいい子になって、今では好きだけど特にエピソードがないので割愛。かわいそう。
何故かわたしはおじいちゃんにもおばあちゃん(わたしの言っている祖父母、実は曽祖父と曾祖母)にも親戚一同の中で一番よく可愛がられている。一緒にいた時間が長いからだろうか?そんなおじいちゃんとおばあちゃんに可愛がられに可愛がられた為こんな性格になってしまったような気もしているけれど、おじいちゃんとおばあちゃんに失礼なので無関係ということにしておく。他にも大切な家族はいるけれど、これ以上はしんどいのでやめておく。


わたしはこんな家族よりも、もっと大切にできる人がちゃんとできるだろうか?家族よりも人を愛し、その人と家族になれるだろうか?今のわたしには到底無理だ。どんなに人を好きになろうが、愛そうが、どうしても信じることができないのだ。どうしてこうなってしまったんだろう?皆んなもそうなのだろうか?今、こうして好きな人と同じ家に暮らしていても、全てを信じ、愛することができない。それはきっと、自分を一番信じて自分を一番愛しているからなんだろうけれど、恋人にしてみたら失礼な話だ。彼もどう思っているか分からないし、わたしと同じ気持ちかもしれない、そう考えると罪悪感が少し消える。良くない。良くない、と考えて「もっと信じよう」と思った数分後にはそんな事は忘れている。きっと、わたしは死ぬまで、他人を信じることができないのだ。それは昔に付き合っていた大好きで、信頼していた恋人に「俺たちは結局は赤の他人なんだから」と言われたのが原因なのだろうか?それは大昔に付き合っていた好きでもない、信じてもいない恋人にわたしの寝ている横でわたしの友達の胸を触ったあの夜が原因なのだろうか?
友達にしてもそうだ。誰を信じたらいい?誰が友達と呼べるだろうか。わたしにとって都合のいいことだけを教えてくれる人なのか?わたしにとって都合の悪いことも教えてくれる人なのか?わたしのことを考えて都合の悪いことはきっちり隠してくれる人なのか?わたしが好きならば、わたしが信じられるのならば、そのどの人達をも受け入れるだろう。わたしは人生において沢山の人に出会った。この先も関係を持つであろう人もいれば、この先思い出すことも無い人もいる。わたしを好きでいてくれる人もいれば、嫌いな人もいるし、傷付けてしまう人もいるし、傷つけてくる人もいる。わたしは馬鹿だから、信じるとか信じないとか抜きにしてわたしが好きであればどんな人でも好きでいるのだろうけど。この先あと数十年も生きて、あと何度同じことを繰り返したら、こんな事を終わりにできるのだろうか。大切な人以外、皆んなどうでもよくなればいいのに。人間はどうもこんな事に縛られて生きるしかないのだろう。いたら鬱陶しいのに、いなかったら寂しいなんて、贅沢な話だ。もう、うんざりしている。

文字にしてみたら、ここ数ヶ月胸につっかえていた物が胃に落ちていった気がした。ここ数ヶ月、落ち着きがなかった。ここ数ヶ月、大人げなかった。ここ数ヶ月、泣きすぎた。ここ数ヶ月、弱くなりすぎた。自分じゃ自分の弱さに気が付けないわたしは、「ああ、もうダメだ」と口に出すもっと手前で立ち止まらないといけない。逃げなきゃいけない。ギリギリまで気が付かずに近づいてしまうと、取り返しのつかないことになってしまう。昔、横浜中華街のインチキ占い師に「あなたは見切りをつけるのが早いわよ」って言われたけれど、見切りをつけるのが早いんじゃなくて、遅いから後悔せずに切り捨ててしまうのだろうね。

強くならなくては。自分と好きな人を守るために、ちゃんと、自分を愛さなくては。でも久しぶりに恋人以外のことで泣いたら、少し心がじょうぶになった気がした。


広告を非表示にする

2017.08.27



ブログを放置していたら付き合っている彼氏がかわっていた。どういう事だよ。



この1ヵ月、ストレスの原因をとにかく抹消しなければと思い、当時付き合っていた彼氏と別れ仕事には行かずに好きな事を好きなだけした。お酒を飲んで嫌な事を忘れて、家に引きこもってパソコンにかじりついた。電車にも乗れなくなったのでずっと家にいた。その間毎日会いに来てくれたのがいまの彼氏だ。仕事が終わったら毎晩会いに来てくれた。窒息しそうな私にちゃんと酸素を送り込んでくれた人。



彼氏のお家に呼んでもらった最初の日に「君にはこれをあげよう」と、合鍵を貰った。「こいつ大丈夫か?」と思ったがありがたく頂戴した。冗談で一緒に住もっかと話していたのだけれど、本当に住むとはね。実のところ彼氏には1年前に振られているのだ。そんな人と今こうして生活を共有しているのは不思議なことだ。



母親には最初かなり心配されたり、彼氏の身辺調査をされ情報を全部提供した。「彼と話したい」と言われたのだが付き合いたてでそんな事はさせられん、と思い拒否をしたのだが今となっては何も言ってこない。私が幸せなのを悟ったようだ。

男友達には「お前はそういうところだよ本当に..」と新宿の珈琲西武で怒られたが、お互い大笑いしてメロンパフェを一緒に食べた。



自分の気持ちに嘘をつかずに人を好きになるのはいつぶりだろう。何をするにも苦でない。ちゃんと私の気持ちに責任を持ち、愛を与えてくれる私の彼氏は一緒に楽しい食事ができる素敵な人です。



広告を非表示にする

2017.07.23



いつになったら結婚したくなるんだろう。お互いの環境が整ってお金もあって、もう充分独身を楽しみましたってなったら結婚するのだろうか。そこそこ大人の既婚者はみんな口を揃えて「タイミング」「ノリ」だとか言っているけれど、まさにそうだと思う。何年何月何日に結婚しよう!なんて決めておいたら気味が悪い。かといって、ダラダラ付き合っていたら多分ずっと結婚しない気がする。



付き合うってなに?と一緒で、結婚するってなに?という感じ。何が変わるんだろうか?それを分からないうちはまだ結婚なんてするもんじゃない。


わたしの彼は「まだ5、6年は結婚しないよ!」と言っていた。結婚願望がないらしい。だからはやく結婚したいなら別を探せという意味だ。わたしもまだまだ結婚はしたくないから大丈夫と言っておいた。男と女なんてそんなもんだ、5、6年以上結婚しないかもしれないし、その前に別れるかもしれないし、もしかしたらもっとはやい未来に何かが変わって結婚するかもしれない。別にこだわりなんてない。2人が楽しければわたしはなんだっていい。


たまに「あ〜はやく結婚したいな〜」なんて思うこともあるけれど、多分それってなんの意味もない言葉だ。「あ〜お腹空いた」といっしょ。本気で結婚したい人には失礼な話だが。


わたし達はいまの生活に満足している。幸せな事じゃないか。いつかその満足が不満足になった時、結婚でもしてみようかなと思った。

広告を非表示にする

2017.07.20



仕事に行けなくなって4日目。友達が会いに来てくれた。わたしに会った瞬間に小さなブーケをくれた。お花が大好きなので大喜び、くれた子もお花をあげるのが好きなのでわたしを見て喜んでいた。


家の近くにあるファミレスに行った。ちょっと奮発して2人とも鰻を食べる。「これ食べて元気になろ〜」って言いながら。お寿司の鰻は食べたことあるけど、なんか苦手だった鰻。大人になったら食べられるんだね。すごく美味しかった。幸いにもタバコが吸えるお店だったので、タバコを吸いながら近況報告をする。ダラダラしながら靴とか脱いでソファで脚を伸ばす。「わたしが店員さんだったらこういう客きて欲しくない〜」「脚とかすぐ伸ばしちゃうもんね〜」なんて会話をしながらダラダラすると何だか高校生に戻ったようで楽しかった。高校はそれぞれ違うところだったけれど。


わたしのお家についてもまたダラダラする。だいたいこんなもんだよな。男の子とだったらベッドの上でイチャイチャしたり、ゲームしたりするんだけど女の子同士ってお話ばっかりする。身も蓋もない話だから、内容はよく覚えてないんだけれど。


友達が帰った瞬間身体が空気の抜けた風船のようになった。重くて、寂しくて、悲しくて。お家に帰ってタバコを吸って、少し不満をこぼす。


わたしが我儘なんだろうか?


広告を非表示にする

2017.07.19

心療内科に行ってきた。

家の玄関を出るまで涙を流していて、今日のシフトに店長がいないことを確認すると不安が襲ってきて怖くなった。店長にLINEをいれる。返信はなかったけれど、とにかく出勤時間には間に合わないと、遅刻するなんて連絡を入れたらわたしは何時に出勤できるか分からなかった。予め決められた出勤時間には間に合わないと。電車の中、人がたくさん乗ってくるのが耐え難かった、人の視線がいつもより気になる。電車から降りるのもやっと、フラフラしながら職場の下でタバコを吸う。葉っぱがギッシリ詰まっているアメスピは吸うのには時間がかかるのに今日はあっという間に吸ってしまった。吸い終わったらいつもは足早にお店のバックルームに行くのに足がなかなか進まない。

バックルームをそっと開ける、すぐ目の前に先輩が座っていたけど今日いないはずの店長が目に入る。わたしの今の心の状態を唯一話しておいたのは店長だけだ。顔を見た瞬間に大粒の涙が流れてきて立っていられず過呼吸になる寸前。副店長も何となく話を聞いていたようで心配してお水とティッシュをくれた。店長が「病院には行けたの?」わたしは「昨日は1歩も外に出られませんでした、ごめんなさい」と泣きながら訴える。わたしいつからこんなに弱くなったんだ。店長が一緒に行こうと心療内科に連れていってくれた。

心療内科。精神科。正直わたしには縁のない場所だと思っていた。初めて来た場所でソワソワする。受付の事務の人もちょっと変わった人でわたしとあまり目を合わせない。4つもある問診票を書いてから先生とお話をした。一番のストレスの理由がハッキリしていないので今の現状を全部話した。

診断結果は適応障害うつ病の一歩手前らしい。「いや、うつ病って..」って思いながら話を聞いていると、要はストレスが原因らしい。ここ最近寝付けなかったのも、気分が落ち込んで、自然に涙が出てしまうのも適応障害らしい。先生に話せたことも、それが原因で気分が落ち込んでしまうのが分かって少し楽になった。そのストレスから離れられれば徐々に軽減されるらしい。

初めて抗うつ剤みたいなお薬や睡眠導入薬みたいなお薬を処方された。なんだか嫌な気分。

とりあえず仕事はしなくていいからゆっくりお家で休んで、と店長が言ったくれた。その後は店長とご飯を食べてお家に帰った。「よく仕事に来ようと思ったね、偉いよ」って言われたけどそれは行かなきゃまずいだろと。

母は「今すぐ仕事を辞めて!来週迎えに行きます!」なんて過剰に心配していて、説得するのに大変だった。

彼には電話で伝えた。いつも通りに接してくれたらいいよって言っておいたら、「メンヘラって思っとくわ!」って言われて笑った。「あんまり無理しないで、こっち戻ってゆっくり仕事探せばいいんだし」って全然頼りない彼氏だけど頼もしく思えた。わたし達なら依存し合わず、1人でもちゃんと生きて、1人でもちゃんと幸せになれる。すこし寂しい関係に思えるけど、わたしは彼みたいな人の奥さんになりたいなと思った。

広告を非表示にする

2017.07.18

精神が弱っていると人に頼りたくなるものだ。優しくされたいものだ。特に、好きな人や恋人がいるのであればその特定の人物に。

優しくされたいから、見返りが欲しいから人は人に尽くすのではないと思う。だけど、自分の優しさが無駄遣いされるのは甚だけしからん話だ。ただ人間という生き物は優しくされ過ぎるとその人物から逃れようとするらしい、自分が恩返しを出来なくなってしまうためだ。「あなたの期待にはこたえられませんよ」という事だろう。

男女の交際において最も重要なのが「相手の気持ちに責任を持てるか」だと思っている。

「この人と結婚がしたい」という大きなスローガンを抱える女子たちには、「どうしてこんなに好きなのに結婚してくれないの?」などと、ヒステリックを起こすのでなく「彼の理想」を追い求めて欲しい。男にとって一番の理想は「都合の良い女」だ。程よく無視をして、いじけたらうんと甘やかしてあげる、彼以外の男の匂いを消し顔に彼の名前のタトゥーを入れ、彼のしたいことをしたいようにさせてあげる、たまにはわがままを言ってアイスクリームを買ってもらおう、起きるまで寝かせてあげて、お腹がすいたら大好物を作ってあげよう、リードができない彼には選択肢を作って選んでもらおう、彼のことを応援する気持ちがあるのなら我慢して我慢していないように振る舞おう。

優しさの出し惜しみなんてする必要はない。いつか必ず返ってくる。長い長い、旦那補完計画を女は今日も頑張るのです。 その場しのぎの相手は作らない方がいい、あとからツケが回ってくる。愛し愛されることを許されている人にだけ今日はわがままを聞いてもらおうね。
広告を非表示にする

2017.07.17

仕事を早退した。出勤した時は元気だったのに、お店に出たら急にフワフワして気分はドーンと落ち込んで、上司に「大きい声出る?」って言われて「無理です、病院に行きたいです」って逃げ出した。

昨日は猛暑日。さすがに暑い、熱いとも言える気候だった。病院につく前に彼氏に電話をした。彼の声を聞いたら何故か涙が止まらなくなって、彼も泣きそうな声で「え〜どうしたの!俺なんかした?」って困らせてしまった。多分、君は何もしていないんだけど、わたしは自分が何に困っていて何が悲しいのか分からなかった。今表面的に困っていることを話したらちょっとだけ、ちょっとだけ、スッキリしたので病院に向かう。

お医者さんからは熱中症と言われた。おもいがけずに笑ってしまった。最近寝られないことや心の状態を話したら涙がまた止まらなくなってしまった。その後仕事を早退して、家に着くまで何度か涙が止まらなくなってしまった。あ〜これ鬱病の一歩手前じゃん。はやく今の生活スタイルを変えなくちゃ。早く終わらせないと。

広告を非表示にする